美容皮膚科で受けられるケミカルピーリングについて

ケミカルピーリングは、美容皮膚科医で受診することができる、化学薬品の力によって表皮の組織やターンオーバー機能を再生させる医療行為です。


低濃度のAHA(フルーツ酸)を用いるケミカルピーリングであればエステティックサロンで受けることも可能ですが、エステティックサロンでは既成のピーリング剤を使うことが定められているため、高い効果を期待するのであれば美容皮膚科医で受診するべきであるといえます。


ケミカルピーリングは、マイクロピーリング、スーパーフィシャルピーリング、ミディアムピーリング、ディープピーリングの4段階に分けることができます。
ミディアムピーリングよりもレベルの高いピーリングは、諸外国においても美容皮膚科医による処置が必要とされるものであり、かなりの高い効果が期待されます。

マイクロピーリングは弱い酸を使って皮膚を刺激するものです。



一週間に一回のペースで六回ほど続けると効果を自覚できます。
ピーリングを繰り返すことによって皮膚のターンオーバーが正常化し、皮膚のツヤが回復するのです。

ただしこれだけでシミが消えたりシワまで改善できたりという期待はするべきではありません。

スーパーフィシャルピーリングはマイクロピーリングよりも強い酸を使って行います。

このピーリングを行う際には、皮膚の細胞が剥がれ落ちてきますので、術後4日程度は重要な用事を入れない方がいいでしょう。



ミディアムピーリング以上のレベルでは、有効であるがゆえに、色素沈着や日光過敏性などの副作用が伴いますので、美容皮膚科医からの注意をよく聞いた上で防止に努めてください。